株価リサーチ 株式投資からFXテクニックを扱う初心者でも読めるトレード専門サイト

(株価リサーチ)株式投資からFXテクニックを扱う初心者でも読めるトレード専門サイト

ストック・オプションは定められた価額で株式を取得することのできる制度

ストック・オプションを使って利益を生み出す

ストック・オプションとは、あらかじめ定められた価額で企業の株式を取得することのできる制度のことをいいます。
日本では2002年4月1日の商法改正にともない、会社が発行する株式を優先的に引き受けることができる権利である「新株引受権」と合わせて、「新株予約券」と呼ばれます。
ストック・オプションによって、主に企業などが取締役や従業員等に対して新株予約券を発行しておき、株価が上昇した時点で権利行使して元の値段で購入した株式を売れば、その差額ぶんだけ利益が生まれることになります。
このようにストック・オプションによって企業の株価上昇と自信の報酬額が直接リンクすることから、業績向上へのインセンティブとなり、ベンチャー企業などが起業時に優れた人材を確保するのに適した制度といえます。
また同時に企業側からすれば、株価上昇が報酬となるだけなので人件費のコストが余計にかかるわけではなく、低コストの報酬制度といえます。
また結果的に企業の業績が向上すれば、当然株主の利益にもなります。

ストック・オプション制度の注意すべき点

このように一見よいことばかりがあるように見えるストック・オプション制度ですが、注意すべき点ももちろんあります。
まず第一に経営陣が株価上昇に重点を置く傾向になるために、表面上の株価市場対策や不透明な決算処理など、経営陣のモラルが低下することがあります。
また株価が上昇すればよいですが、降下してしまうとその差額分は逆に損になってしまうので、どんどん従業員のモチベーションが低下し、さらに業績が悪化するという悪循環になります。
また税金は権利行使時に発生するので、一時的に税率が上昇することへの注意なども必要です。


関連するレポート

    None Found

Copyright © 株価リサーチ. All rights reserved.