株価リサーチ 株式投資からFXテクニックを扱う初心者でも読めるトレード専門サイト

(株価リサーチ)株式投資からFXテクニックを扱う初心者でも読めるトレード専門サイト

値ザヤ取りは「1カイ2ヤリ」とも言いデイトレーダーに多い

値ザヤ取りは特に極めて短期間に取引を行うのが特徴

値ザヤ取りとは、同じ銘柄の株価が上下するのを利用して、極めて短期間のうちにその値段の差(サヤ)を利益として得るような取引方法のことを言います。
値ザヤ稼ぎと呼ばれることもあります。
同じ銘柄の株価の上下から利益を得るのであれば普通のことに思えますが、値ザヤ取りは特に極めて短期間に取引を行うのが特徴です。
一般的には株式の上下を議論する際には数ヶ月でも短期とされますが、値ザヤをねらった取引では一日のうちに売買をしてしまうことも珍しくありません。
中には株価1円の上下だけでも値ザヤをとろうとする投資家もおり、このような取引を「1カイ2ヤリ」と言ったりします。
このようなやり方はデイトレーダーに多く、世界的には日本には値ザヤ取りの投資家が多くを占めていると言われています。

値ザヤ取りのメリットはローリスク

値ザヤ取りの一番の利点は、ローリスクであるということでしょう。
株式投資で最も難しいことは相場の上下の見通しをたてることですが、短期間であれば相場全体の動きにそれほど影響を受けることなく、安定した収益が期待できます。
したがって長期でみればハイリスクの銘柄でも、変動が大きく値が動きやすいものであれば、値ザヤをねらった取引には好まれる傾向にあります。
また同じ銘柄だけでなく、複数の銘柄に対して仕掛けることを同様に「サヤ取り」といいます。
例えば、日経平均株価より割高な銘柄を売り、割安な銘柄を買うということを同時に複数の銘柄に対して行うのです。
場合によっては、サヤ取りも値ザヤ取りと同じ意味で使われることもあります。


関連するレポート

    None Found

Copyright © 株価リサーチ. All rights reserved.