株価リサーチ 株式投資からFXテクニックを扱う初心者でも読めるトレード専門サイト

(株価リサーチ)株式投資からFXテクニックを扱う初心者でも読めるトレード専門サイト

株主優先募入は、新株や転換社債などで、株主に優先的に応募権を与える

株主優先募入は公募という形をとる

株主優先募入とは、新株および転換社債など時価発行を行う際に、株主に優先的に応募の権利を与える方法のことをいいます。
募入とは、有価証券などの募集を行ったときに、その募集に応じた応募者の中から、実際に割り当てを受ける人を決めることを言います。
株主優先募入はいちおう公募という形をとります。
なぜ公募という形をとるのかといえば、その時価発行が株主にとって直接割り当てるほど有利ではない場合が多いという理由からもきているようです。
また、株主に応募権を与え公募の形をとることで、株主権のシェアを落さないようにするという企業側の目的もあります。
株主優先募入の方法にはいくつかあります。
まず一つ目の方法としては、株主に応募権を与える際、一定の割合で与えるという方法です。
二つ目の方法は、公募で株主に応募権を与える際、株主をいくつかのグループに分割して抽選するという方法です。
このグループ分けは、株主の持ち株数に応じて行われます。
三番目の方法は、先着順に募集をして、満額になると締め切るという方法です。
証券会社の店頭などで受け付けます。

最近では株主優先募入を採用している企業はほとんどない

ところで、日本では以前は株主優待募入の方法をとる企業が多かったようです。
しかし、最近ではこの方法を採用している企業はほとんどないようです。
これは、以前は一般的に、額面転換社債などを発行する際に株主優先募入を採用していたようですが、これは株主の利益を一定に保護するためでもありました。
しかし、株主優待募入は、このような時価の発行が軌道に乗るまでの間の一時的な措置であるという見方もあったようです。

関連するレポート

    None Found

Copyright © 株価リサーチ. All rights reserved.