株価リサーチ 株式投資からFXテクニックを扱う初心者でも読めるトレード専門サイト

(株価リサーチ)株式投資からFXテクニックを扱う初心者でも読めるトレード専門サイト

エクイティファイナンスは、原則的に返済期限が定められていない

エクイティファイナンスとは、企業の株式の増加をもたらす資金の調達

エクイティファイナンスとは、会社が資金を調達する方法のひとつで、企業のエクイティ(株式のこと)の増加をもたらす資金の調達のことをいいます。
つまり、発行会社となる企業が株式を発行し、株主である投資家たちはその株式を購入することで資金を調達するのです。
具体的には、新株発行、新株予約権の発行、新株予約権付社債の発行、CB(転換社債型新株予約権付社債)起債などの総称のことをいいます。
一方、負債の増加を伴う資金調達方法のことは、デッドファイナンスといいます。
ここではエクイティファイナンスの説明のみを行います。

エクイティファイナンスは、原則的に返済期限が定められておらず、企業は投資家に対して、資金を返済するという義務はありません。
そのかわり、毎年利益の配当金を支払うという形で、投資をしてくれた株主たちの期待に応えようとします。
また、返済義務がないため、財政強固という目標を達成できるという効果を期待することができます。

エクイティファイナンスにはリスクもある

投資家の立場から見れば、その企業に資金を投資するということは、その企業が強気の収益機会を有していることが多いなど、その企業にそれなりの魅力があるということなります。
つまり、リターンが大いに期待できるということです。

しかし、エクイティファイナンスにはリスクもあります。
マイナスな面としては、この資金調達方法は、投資家の立場から見ると、1株あたりの価値が下がってしまうという可能性があるという点です。
このことが原因で、株価が大幅に下がってしまう可能性もあるのです。
また、エクイティファイナンスを行った企業が万が一倒産してしまった場合、その残余財産の分配順位は下位になってしまいます。
そのため、企業がエクイティファイナンスを実施するときには、あらかじめ株主たちに説明してから実施することが必要になります。


関連するレポート

    None Found

Copyright © 株価リサーチ. All rights reserved.